1. HOME
  2. ブログ
  3. ビジネスホンリプレース工事(京都府綴喜郡井手町)

ビジネスホンリプレース工事(京都府綴喜郡井手町)

本日は京都府綴喜郡井手町でビジネスホン工事をさせて頂きました。

こちらのお客様は以前より弊社設置のNTT パクシアを使用されていました。
年数も経過してきて、コードレスのバッテリーの劣化が出てきたこともあり、
今回入れ替えを提案しました。

今回導入したのは、新品NTTαN1です。
以前のパクシアはRXⅡと同じ電話機ということもあり、
フック不良や液晶不良など劣化が目立ってきております。
N1の電話機はRXⅡの電話機と比べると使いやすくなった点が複数あります。
・液晶バックライトの明るさが格段にアップ
・ディスプレイ角度の調整が可能に
・発着信履歴のワンタッチ閲覧  etc.
こういった機能を有効に使いつつ業務に役立てて頂けたらと思っております。

こちらのお客様はデジタルコードレスもお使いになっており、
デジタルコードレスも以前のパクシアと比べて使いやすくなった点があります。
・こちらも液晶バックライトの明るさがアップ
・ボタンの作りが変わった
 (以前はラバーゴムのボタンが飛び出ているような作りでしたが
  N1ではボタンは飛び出ておらず、平らな面から押し込むような操作になります。
  ボタンを誤って押すことも減りますし、操作感がとても良くなります。)
・もちろん通話時の音質がアップ、クリア

お客様に新しいビジネスホンを紹介する際に
「何か新しい機能はあるのか」とよく尋ねられます。
例えばかなり古い機種からの交換であれば、
・ナンバーディスプレイに対応
 (相手の番号を表示する機能、今では当たり前ですが
  古い機種では対応していない物もあります。)
・複数の電話番号のボタン鳴り分け
 (複数の電話番号をビジネスホンに収容する際、
  この番号はこの外線ボタンに着信させるというような事ができない)

他で言うと、新しい機能というよりかは、普段使いの中での使いやすさが進化しています。
上記で挙げたような変更点はあまり気づかない部分かもしれませんが
きっとお客様の業務の細かい部分で役に立つと思います。

本日の記事は新しい電話機の「使いやすさ」についてまとめました。
魅力を感じられました方、ぜひご連絡をお待ちしております。

本日の工事ありがとうございました。

工事部 森屋