1. HOME
  2. NEWS
  3. 無線機器のスプリアス規格の変更に伴い違法対象になる情報機器端末について

無線機器のスプリアス規格の変更に伴い違法対象になる情報機器端末について

2005年12月 電波法関連法令である無線設備規則において、無線設備のスプリアス発射の強度の許容値が改正されました。
旧規格の無線機器(例 αRXⅡ、αGX、AX、BXなど)をお使いのお客様が対象になります。
2022年12月1日以降も利用していると違法になり罰則が課されるとのことですので、ご不安な方は一度ご連絡下さい。

NEWS

NEWS一覧