抗菌施工済み・最先端光触媒 ビジネスフォン

抗菌施工済み!抗ウイルス/抗菌・消臭/抗アレルゲン ナノディフェンダーAg+で新型コロナ対策!最先端光触媒ビジネスフォン 2021年7月予約販売開始

※1: 光とはクリーンな太陽光エネルギーや屋内の蛍光灯の光を指します
※2: 理論上では剥がれ落ちない限り何年も持ちます

人気のピカピカ中古機種・NTT αNX-2に、
最先端光触媒コーティングをしたビジネスフォンを予約販売いたします。

無料見積もりをする▸ 最先端光触媒ビジネスフォンについて問い合わせ

溶液:ナノディフェンダーAg⁺ アルファ

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2) の不活化効果実証実験エビデンス取得済み
大腸菌・サルモネラ・ガンジタ・白癬菌・肺炎桿菌など 99.9%以上 殺菌力エビデンス取得済み
【製造・販売元】ナノソリューション株式会社

この溶剤は新型コロナウイルス対策 ・ 接触感染対策 ・ 抗菌対策 ・ 様々な菌の対策に有効な最先端光触媒コーティング剤で、ウィルス抑制・防カビ・抗菌・消臭・アレルゲン物質抑制効果は3~5年程度持続します。(ただし、理論上では剥がれ落ちない限り何年も持ちます。)
光触媒反応を行う金属、酸化チタンは、光(紫外線)がなければ効果が見込めません。しかし、ナノディフェンダーAg⁺アルファはタングステンと銀イオンを配合した事で光が無くても消臭・抗菌効果が発揮!(可視光応答型タイプ)
もちろん、光が当たれば光触媒&銀イオンのダブルの力で効果を発揮。夜間や光の当たらない箇所で効果が発揮されるハイブリッドな酸化チタン溶液です。

ナノディフェンダーAg⁺|NanoDefender Ag⁺|無機系抗菌抗ウイルスコート|

3台・5台だとこの価格!

 ● 1台につき 機種代+3,900円 (加工代)での販売です。

最先端光触媒 | ビジネスフォン NTT aNX2-S 標準電話機 3台SET
抗菌施工済み ビジネスフォンNTTαNX2-3台

【SET内容】  電話機3台 / 主装置1台
【価格】 配線パック: 107,700円(税別)
     機器のみ:  97,700円(税別)
     工事費込み: 127,700円(税別)

予約する

2回線アナログユニットまたは1回線ISDNユニット内線ユニットを含めた価格です。

最先端光触媒 | ビジネスフォン NTT aNX2-S 標準電話機 5台SET
抗菌施工済み ビジネスフォンNTTαNX2-5台

【SET内容】  電話機5台 / 主装置1台

【価格】 配線パック: 139,500円(税別)
     機器のみ:  129,500円(税別)
     工事費込み: 169,500円(税別)

予約する

2回線アナログユニットまたは1回線ISDNユニット内線ユニットを含めた価格です。

* 商品の納期については希望納品日・工事日等お伺いし決めさせて頂きます。
ご希望のSET内容をご連絡ください。
例) 標準電話機 ○台・コードレス○台 等

無料見積もりをする▸ 最先端光触媒ビジネスフォンについて問い合わせ

もっと詳しく…

– 目次 –
光触媒について
光触媒とは?
光触媒の基本原理
光触媒のメカニズム
   紫外線を吸収することによって起こる2つの現象
様々な場所・場面でも利用される光触媒!
酸化チタンとは?

最先端光触媒コーティング ナノディフェンダーAg+ アルファ のご紹介
ナノディフェンダーAg+ アルファ について
他社の光触媒に無い強み
様々な業種に導入されている最先端光触媒
ナノディフェンダーAg+の効果実証実験
Q & A
最後に

光触媒について

光触媒とは?

光触媒塗料は、防汚・脱臭・抗菌の優れた複合効果と環境に優しい安全性、さらに取り扱い面での簡便性やメンテナンスの省力化効果によって、すでに私たちの生活環境のあらゆる場面で幅広く利用されはじめています。

そもそも、光触媒の仕組みとは植物の行う光合成とよく似ています。光合成は葉緑素を【触媒】に、光エネルギーを使って水と二酸化炭素から酸素を作り出します。光触媒の場合は酸化チタンなどの光触媒半導体金属を【触媒】に、光エネルギー(紫外線)を使って空気中の水と酸素から活性酸素を作り出します。
日本発の技術として環境分野でも注目されています。

● 光触媒|図より説明

光触媒について解説

光触媒の基本原理

● 活性酸素種発生活性酸素種発生
● 酸化還元反応酸化還元反応

光触媒に光が当たると、マイナスの電子が飛び出し、プラスの電荷を帯びます。光触媒は強い酸化力を持ち、OH-などから電子を奪います。この時、電子を奪われたOH-は非常に不安定な状態のOHラジカルになります。OHラジカルは強力な酸化力を持つため、近くのCHCL3などから電子を奪います。電子を奪われたCHCL3は結合を解かれ、最終的には二酸化炭素や水なり大気中に発散していきます。

つまり、光触媒とは酸化チタンなどの光触媒半導体を外壁などの基盤にコーティングし、太陽光や蛍光灯などの紫外線を当てることで、強力な分解力を持つ活性酸素種を発生させ、空気中の汚れや臭いなどを除去する技術です。酸化チタンに紫外線が当たると、電子と正孔が発生し、電子が酸素をスーパーオキサイドアニオン(O2-)に、正孔が水をヒドロシキラジカル(・OH)という活性酸素に変えます。

この強力な酸化力を持つ活性酸素により、有機化合物が二酸化炭素と水に分解され、防汚、抗菌、脱臭などの効果を発揮します。
活性酸素の中でも反応性が高いヒドロキシラジカルの酸化力は、塩素の2倍、オキシドールの約50倍と非常に強く、有機化合物や細菌などに強力に作用します。

反応し、菌や汚れが無害化

光触媒のメカニズム

紫外線を吸収することによって起こる2つの現象
1. 光触媒分解反応

酸化チタンが触媒となって太陽または蛍光灯等から照射される光り(紫外線)エネルギ ーを吸収・利用し起こる反応(抗菌・脱臭)=光エネルギーが不可欠=この反応は物質を分解してしまう現象です。例えば、有機物は二酸化炭素と水に分解されます。これは光合成反応の逆で燃焼反応に相当します。しかし、光触媒反応では通常の燃焼反応とは全く異なり、燃焼反応ではいったん火がつくと物質がなくなるまで反応は続きますが、光触媒反応では、光があたるとき(照射される光の量の分)に光の量だけ反応が起こります。

2. 光触媒の超親水性

親水化とは、ガラスなどの材料表面に水がよくなじむ現象です。多くの材料では、水を落とすと水滴がつきます。ところが、酸化チタンをコーティングした材料は紫外線をあてた(照射した)後では、その材料表面では水は水滴にならずに、ほぼ完全に拡散し広がってしまいます。この現象は光触媒のもう一つの反応で、光親水化反応といいます。

酸化チタンをコーティングした材料では、水がかかると汚れが簡単に洗い流されてしまったり水滴が全くつかなくなる反応を利用して、人手をかけずに汚れを防ぐ防汚染効果(セルフクリーニング)が発揮されます。
光触媒コーティングの処理前処理後_水滴の残り方

様々な場所・場面でも利用される光触媒!

光触媒塗料は、防汚・脱臭・抗菌の優れた複合効果と環境に優しい安全性、さらに取り扱い面での簡便性やメンテナンスの省力化効果によって、既に私たちの生活環境のあらゆる場面で幅広く利用されはじめています。
旅館・ホテル・保養所をはじめ、マンション・戸建・給食センター・厨房・駅ビル・地下鉄・事務所ビル・商業ビル・医療施設・老人ホーム・デパート・工場・看板・標識・公共施設・鉄道・自動車・空港ターミナルなど、墓石にまで幅広く利用されています。

酸化チタンとは?

酸化チタンとは、光触媒反応を行う金属として使用されており、人体に全く無害の金属・セラミックスで、白色顔料・歯磨き粉・クレオン・磁器原料・食品添加物などに幅広く利用されている安全な物質原料です。

この酸化チタンは、太陽光や蛍光灯の紫外線が当たることにより、活性酸素などを発生し、強い酸化分解作用(光触媒作用)を発揮する優れた機能を有しています。汚れや細菌・悪臭などが酸化されて分解し、最終的には二酸化炭素や水になります。また親水性も高く、水滴の付着防止やくもり止め効果もあります。

光触媒酸化チタンが最も注目されている点は、化学的に安定し環境に無害であることと、クリーンな太陽光エネルギーや屋内の蛍光灯の光でランニングコストをかけることなく、常に安定した抗菌・脱臭が可能などセルフクリーニングを継続的に利用できる点にあります。■■厚生労働省でも許可さてれいます■■

酸化チタンの情報

酸化チタンの情報

価格例を見る

最先端光触媒コーティング|ナノディフェンダーAg+ アルファ のご紹介

ナノディフェンダーAg+ アルファ について

光がなくても抗菌・消臭

従来の酸化チタンは、光(紫外線)がなければ効果が薄れてしまいます。しかし、ナノディフェンダーAg⁺ は銀イオンを配合した事で光が無くても消臭・抗菌効果が発揮されます。
もちろん、光が当たれば光触媒&銀イオンのダブルの力で効果を発揮。夜間や光の当たらないエアコン内部など、様々な箇所で効果が発揮されるハイブリッドな酸化チタン溶液です。

風合いや色を変えない仕上がり

ナノディフェンダーAg+は従来の酸化チタンと違い、施工する素材を全く変化させる事なくコーティングする事が出来ます。またどんな素材に付着しても悪影響を及ぼさないので、繊維・樹脂・ガラスなど様々なものに施工できます。もちろん、新築だけではなく既存物件に対しても簡単に施工する事ができます。

ナノディフェンダーAg⁺ 5つの効果
ナノディフェンダーAg+最先端光触媒コーティング 抗ウイルス・抗菌・消臭・抗アレルゲン/ 施工済み
ビジネスフォンに抗菌施工ステッカー付き
★消臭
★空気浄化
★抗菌
★防汚
★浄水

他社の光触媒に無い強み

夜も抗菌・消臭
風合い・色を変えない
剥がれにくい

ナノ粒子だから剥がれにくいナノディフェンダーAg⁺は5~15ナノメートルの超微粒子の為、繊維やガラスなどに膜を形成せず点で表面を埋めていくのが特徴です。例えば、ウールカーペット(20~40ミクロン)に小麦粉(150ミクロン)をこぼすと取れないのと同じで、クロスや樹脂などに、ナノディフェンダーAg⁺をコートするとなかなか取れません。

養生不要

養生不要=安価で施工従来の光触媒を配合したコ ート剤は、有機物を分解することから下地調整や施工できる素材が限られていました。よって、室内などを施工する際は養生費用=施工コストが高くなりました。しかし、ナノディフェンダーAg⁺ はガラス・繊維・ゴム・樹脂などあらゆる素材に施工でき、養生を必要としません。結果、お客様へ低コストでご案内する事が可能となります。

アルコール無臭

ナノディフェンダーAg⁺シリーズはアルコール・エタノールを一切、含んでいない最先端銀系光触媒コーティング剤ですので、嫌な刺激臭などはありませんのでご安心下さい。

汚れ・臭い・細菌 を自然の力で分解・抑制する

様々な業種に導入されている最先端光触媒

幼稚園・保育園の施設 / 介護施設・老人ホーム / ホテルや宿泊施設
医療施設や動物病院 / 食品工場や各厨房 / 室内|一般住宅・ご自宅(全室可能)
タクシー・観光バス・電車・飛行機 / 交通機関 / 神社・仏閣・寺
コンビニエンスストア など

< 導入実績 >(ナノソリューション 最先端光触媒) 
2021年12月21日:
世界遺産 国宝 下鴨神社内|施工
(可視光応答型光触媒 無機系抗菌抗ウイルスコート)

2021年 5月 7日:
京都市|こどものもり保育園|施工
(ナノディフェンダーAg+)

2021年 5月13日:
京都・警備会社|株式会社ダイワ・セキュリティー・システム本社|施工
(ナノディフェンダーAg+) 

など


下鴨神社

ナノディフェンダーAg+の効果実証実験

目で見て効果がわかる。最新の機器を使用いたします。

ATP測定(生物発光法)による効果実証試験
使用機器:ルミテスターsmart
検査方法:ATP+ADP+AMPふき取り検査(A3法)
A3法はキッコーマンバイケミファ独自の測定法でATP (アデノシン三リン酸)を汚染指標にして、ATPだけでなく、ADP、AMPも測定位することでより高感度の測定が可能な方法です。
※ATPとは
ATPはあらゆる生物がもつ物質であり、食品や菌をはじめとし「有機物」の多くに共通して存在しています。ATPが多ければ洗浄不足(=汚れが多い状態)であることがわかります。

厨房設備内でのコーティング例

ナノディフェンダーAg⁺の施工前
ATP測定(生物発光法)による効果実証試験・施工前の数値
ATP+ADP+AMPふき取り検査(A3法)
厨房で流し台など普段、よく使用される場所でお水のレバーを今回は測定。
ナノディフェンダーAg⁺の施工後
    →
ATP測定(生物発光法)による効果実証試験・施工後の数値

実際にナノディフェンダーAg⁺施工後、20分後に測定しました。
この短時間で一気に、数値が下がりました。

Q & A (お客様からのよくあるご質問と回答)

* 当社が光触媒コーティングに使用する溶液(ナノディフェンダーAg+)に関してのQ & Aです。

Q: 新型コロナウィルスにききますか?

A:  新型コロナウィルス(SARS-CoV-2、以下、コロナウィルス)の不活化効果を検証する試験を行いました。1000 luxの光照射により 新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) の感染価減少が確認されました。本試験品を使用することにより、表面についた新型コロナウイルスによる接触感染防止に有効であると大学側より実証データーを取得済みです。


Q: どれくらい効果はもつの?

A: 3~5年程度。ただし、理論上では剥がれ落ちない限り何年も持ちます。


Q: 人体に害はないの?

A: 急性経口毒性・皮膚一次刺激性・変異原性・皮膚感作性の試験エビデンスを取得済み。ご安心下さい。但し、施工中はミストが浮遊しますので、咳き込んだりする場合がございます。施工のお立合いは最初だけで別部屋で待機をお願いいたします。


Q: チタンがかかってはいけないものは?

A: 素材は選びませんが、食品そのものや観葉植物にはかからない様にしてください。


Q: 表面が湿っていても大丈夫?

A: 吹付施工する際は乾いていなければなりません。結露していても駄目です。(基本、乾燥状態が望ましいです。)


Q: 臭いは消えるの?

A: 発生源も元を絶たないと臭いは和らぐ程度になります。あくまでも接触分解ですので、接触して初めて効果を発揮いたします。


Q: 光が無ければ効果は全くないの?

A: 基本的にはそうですが、ナノディフェンダーAg⁺には銀が含まれているので、銀の抗菌効果により暗闇でも菌やカビの活動を抑えます。但し、他の機能は光の量や種類により、その効果は違ったものになってきます。


Q: 下地処理をしなくても施工できるの?

A: 喫煙室や汚れた壁などは付着している汚れを除去した後でないと効果はわかりにくいと思われます。


Q: 施工した物の色が変わることは?

A: 全くございません。


Q: 次亜塩素等の薬品に対してどうですか?

A: 全く反応いたしません。


Q: 施工後、どれぐらいで乾燥しますか?

A: 施工状態によりますが、吹付後にすぐに乾燥しますが散布量によっては15分~30以内には乾燥しております。


Q: カーテンやシーツ、繊維類に使用した場合はどうですか?

A: 全く問題有りません。是非、施工をお勧め致します。


Q: 施工後にお掃除やメンテナンスは必要なしでしょうか?

A: 必要です。お掃除が必要にならなくなるものでは無く、簡単、手軽になると言うものです。


Q: 感染症を防止出来ますか?

A: 本試験品を使用することにより、表面についた新型コロナウイルスによる接触感染防止に有効であると大学よりエビデンス取得済みです。しかし、100%防ぐことは難しいです。例えば、浮遊している菌を不活性化する事は難しく。あくまでもコーティング面に接触することで不活性化にして行きます。また秒で不活性化は難しく、時間単位で不活性化させます。

最後に

コーヨーテックの最先端光触媒 ビジネスフォン

抗菌施工済みで、光があってもなくてもセルフクリーニング効果が持続する、オフィス環境に優しく配慮されたビジネスフォンです。お申し込み・お問い合わせをお待ちしております!!

予約する最先端光触媒ビジネスフォンについて問い合わせ