第一弾!
光 触 媒 Ag+ ビジネスフォンの予約販売を
開始します
コーヨーテック_マーク

抗菌/抗ウイルス/ セルフクリーニングで雑菌・悪臭を自然に分解 光触媒Ag+ビジネスフォン

オフィスのコロナ対策に!

限定20台! 人気のピカピカ中古機種、NTT αNX-2に光触媒Ag+コーティングを施したビジネスフォンの販売受付を4月1日より開始します!光触媒 & 銀イオンのWの力でセルフクリーニング。雑菌・悪臭を自然に分解します。1日に何度も使うオフィスの電話。使う度に雑菌・ウィルスを除菌をするのは手間が掛かって大変だし、臭いも発生すると不衛生。そんなオフィスワーカーの電話対応ネックを軽減します。

ナノディフェンダーAg+最先端光触媒コーティング 抗ウイルス・抗菌・消臭・抗アレルゲン/ 施工済み

最先端光触媒コーティングによる 5つの効果

★ 消臭
★ 空気浄化
★ 抗菌
★ 防汚
★ 浄水

3台・5台だとこの価格!

●1台につき +3,900円 (加工代)での販売です。

ご希望のSET内容をご連絡ください。
例) 例) 標準電話機 ○台・コードレス○台 等

光触媒Ag+ビジネスフォン NTT aNX2-S 標準電話機 3台SET

【SET内容】  電話機3台 / 主装置1台
【価格】  配線パック: 107,700円(税別)
      機器のみ:  97,700円(税別)
      工事費込み: 127,700円(税別)

予約する

2回線アナログユニットまたは1回線ISDNユニット内線ユニットを含めた価格です。

光触媒Ag+ビジネスフォン NTT aNX2-S 標準電話機 5台SET

【SET内容】  電話機5台 / 主装置1台

【価格】  配線パック: 139,500円(税別)
      機器のみ:  129,500円(税別)
      工事費込み: 169,500円(税別)

予約する

2回線アナログユニットまたは1回線ISDNユニット内線ユニットを含めた価格です。

* 商品の納品についてはご予約後、担当より希望納品日・工事日などお伺いし決めさせて頂きます。
ご希望のSET内容をご連絡ください。

光触媒Ag+ビジネスフォンについて問い合わせ

光触媒Ag+コーティング溶剤のご紹介

ナノディフェンダーAg+ を使用

・ コーティングには、ナノディフェンダーAg+を使用(販売元: 株式会社テックメディカルnano)

特許取得の確かな製品。生産工場は国土交通省・厚生労働省の認可を受けています。

効果は約3年〜5年。理論上は剥がれ落ちない限り、何年も効果が持ちます。

汚れ・臭い・細菌 を自然の力で分解・抑制する

この最新の次世代光触媒コーティングはタクシー・観光バス・銀行・幼稚園・保育園・介護施設・ホテル・病院・店舗・美容室・ペットショップ・ご家庭と、様々な業種に導入されています!

導入実績: 
2020年12月 賀茂御祖神社(下鴨神社) 光触媒施工(ナノディフェンダー Ag+)
2021年 1月 京都、滋賀、札幌のMKタクシー3社 全車両 光触媒施工(ナノディフェンダー Ag+)

原料に有機溶剤など一切含まず、人体及び環境にも全く無害で悪影響を与えず、
安心して子供からお年寄りまでお使い頂けます。

もっと詳しく…

– 目次 –
光触媒について
光触媒とは?
紫外線を吸収することによって起こる2つの現象
  -1 「酸化チタン」による光触媒分解反応
  -2 超親水性だから、自然に汚れが落ちる!

ナノディフェンダーAg+ について
ナノディフェンダーAg+ とは
4つの特徴
効果実証試験
Q & A

光触媒について

光触媒とは?

光触媒の仕組みは植物の行う光合成とよく似ています。光合成は葉緑素を触媒に、光エネルギーを使って水と二酸化炭素から酸素を作り出します。光触媒の場合は酸化チタンなどの光触媒半導体金属を触媒に、光エネルギー(紫外線)を使って空気中の水と酸素から活性酸素を作り出します。

光触媒について解説

日本初の技術として環境分野でも注目されています。

● 光触媒の基本原理

光触媒の基本原理

光触媒に光が当たると、マイナスの電子が飛び出し、プラスの電荷を帯びます。光触媒は強い参加力を持ち、OH-などから電子を奪います。この時、電子を奪われたOH-は非常に不安定な状態のOHラジカルになります。OHラジカルは強力な酸化力を持つため、近くのCHCL3などから電子を奪います。電子を奪われたCHCL3は結合を解かれ、最終的には二酸化炭素や水なり大気中に発散していきます。

つまり、光触媒とは酸化チタンなどの光触媒半導体を基盤にコーティングし、太陽光や蛍光灯などの紫外線を当てることで、強力な分解力を持つ活性酸素種を発生させ、空気中の汚れや臭いなどを除去する技術です。酸化チタンに紫外線が当たると、電子と正孔が発生し、電子が酸素をスーパーオキサイドアニオン(O2-)に、正孔が水をヒドロキシカル(・OH)という活性酸素に変えます。

この強力な酸化力を持つ活性酸素により、有機化合物が二酸化炭素と水に分解され、防汚、抗菌、脱臭などの効果を発揮します。

反応し、菌や汚れが無害化

紫外線を吸収することによって起こる2つの現象

1. 「酸化チタン」による光触媒分解反応

酸化チタンが触媒となって紫外線(太陽または蛍光灯などから照射される光り)からエネルギーを吸収・利用して反応が起こり、抗菌・脱臭されます。この反応は物質を分解してしまう現象で、例えば、有機物は二酸化炭素と水に分解されます。これは光合成反応の逆で燃焼反応に相当します。しかし、光触媒反応では通常の燃焼反応とは全く異なり、燃焼反応では一旦火がつくと物質がなくなるまで反応は続きますが、光触媒反応では、光が当たるとき(照射される光の量の分)に光の量だけ反応が起こります。

2. 超親水性だから、自然に汚れが落ちる!

親水化とは、ガラスなどの材料表面に水がよくなじむ現象です。
酸化チタンコーティングした材料では、水がかかると汚れが簡単に洗い流されてしまったり水滴が全くつかなくなります。その反応を利用して、人手をかけずに汚れを防ぐ防汚染効果(セルフクリーニング)が発揮されます。

多くの材料では、水を落とすと水滴がつきますが、酸化チタンをコーティングした材料は、紫外線をあてた後では表面で水は水滴にならずに、ほぼ完全に拡散されます。
光触媒コーティングの処理前処理後_水滴の残り方

ナノディフェンダーAg+について詳しいお話

ナノディフェンダーAg+とは

コーヨーテックが使用する「ナノディフェンダーAg+」についてご紹介します。

光触媒は光がないところではセルフクリーニング効果を発揮しませんが、「ナノディフェンダーAg+」は銀イオンを配合し、光がなくても効果を発揮します!
また、基盤の相手を選ばず養生も不要で施工でき、耐久性に優れ、しかも価格が安いという、他の酸化チタン製品と比較すると大きな優位性を有しています。得られる効果は大きく5つ、脱臭・空気浄化・抗菌・防汚・浄水です。

ナノディフェンダーAg+ 5つの効果

4つの特徴

ナノディフェンダーAg+、他製品にはない4つの特徴はこれ!

夜も抗菌・消臭

光がなくても銀イオンで消臭・抗菌。

従来の酸化チタンは、光(紫外線)がなければ効果が薄れてしまいました。ナノディフェンダーAg+は銀イオンを配合した事で光がなくても消臭・抗菌効果を発揮。夜間や暗所でも効果を発揮する事が出来ます。もちろん、光が当たれば光触媒&銀イオンのダブルの力が働きます。夜間や光の当たらない箇所でも効果が発揮されるハイブリッドな酸化チタン溶液です。

剥がれにくい

ナノ粒子だから剥がれにくい。

ナノディフェンダーAg+は5~15ナノメートルの超微粒子の為、繊維やガラスなどに膜を形成せず点で表面を埋めていくのが特徴です。例えば、ウールカーペット(20~40ミクロン)に小麦粉(150ミクロン)をこぼすと取れないのと同じで、クロスや樹脂などに、ナノディフェンダーAg+をコートするとなかなか取れません。試験期間でムートン生地に対し1度コートして、3回洗濯しても抗菌効果は変わらないデータを取得。

養生不要

養生不要=低コストになる。

従来の光触媒を配合したコート剤は、有機物を分解することから下地調整や施工できる素材が限られていました。しかし、ナノディフェンダーAg+はガラス・繊維・ゴム・樹脂などあらゆる素材に施工でき、養生を必要としません。結果、お客様へ低コストでご案内する事が可能となります。

風合いを変えない

風合いを一切変えないナノディフェンダーAg+は素材を全く変化させることなくコーティングする事が出来ます。
新品中古ビジネスフォンに関しても外観や機能に悪影響を及ぼしません。

効果実証試験

実証試験結果の一覧です。

バクテリオファージ QBデータ

バクテリオファージとは細菌に感染するウィルス名称で人間には無害といわれているウィルスです。光触媒による抗ウィルスのメカニズムから、動物ウィルス(インフルなど)に対してもバクテリオファージに対して効果に差異がほぼありません。

試験期間 神奈川県立産業技術総合研究所
試験企画 JIS R 1706 : 2020
試験塗布 ナノディフェンダーAg+スタンダード
試験方法 バクテリオファージ QB
照射条件 ① 遮光 ② 紫外光 0.25 mW/cm2
バクテリオファージ QBデータ

考察: 試験開始から4時間後で遮光時においても、90%減になっています。

抗菌データ①
試験期間 財団法人日本食品分析センター
試験方法 光照射フィルム密着法
対照   ポリエチレンフイルム
照射条件 約1000~2000L x 24H
抗菌データ1

試験結果: 遮光時でも、除菌していることが確認できます。

抗菌データ②
試験期間 財団法人日本紡績検査協会 近畿事業所
試験試料 ナノディフェンダーAg+製品
試験項目 黄色ブドウ球菌
試験方法 JIS L 1902 定量試験(菌液吸収法)に準ずる。
抗菌データ2

試験結果: ドライクリーニングを3回施しても抗菌性も落ちていないことが確認できます。

抗ウィルスデータ
試験期間 財団法人日本食品分析センター
検体 1) 針状銀系酸化チタン(Ag+・ナノテクト使用)
   2) 球体銀系酸化チタン
使用ウイルス   インフルエンザウイルスA型 (H1N1)
抗ウィルスデータ

試験結果:  - 表示はウィルスの不活性化を表します。
      検体1) Ag+・ナノテクト使用原料 検体2) 不使用原料

*コロナウイルスのデータはございませんが、経済産業省が消毒方法の有効性評価において、製品評価技術基盤機構代替え使用が可能なウィルスとして、インフルエンザウイルスA型 H1L1を選定しております。

消臭データ

検査機関 西日本環境リサーチ株式会社
試験条件 ①10Lテドラーバックの内側にナノディフェンダーAg+3.15g塗布
     ②臭気物質を含んだガス12Lを10Lテドラーバッグに注入
     ③マグネチックスターラーでテドラーバッグ内のガスを対流
     ④照射条件: 室内条件(窓際に起き蛍光灯を点灯)
     ⑤検知管(ガステック社製)で臭気物質を測定

消臭データ

光がなくても抗菌 光の有無によるテスト
試験方法 光照射フィルム密着法
対照   ポリエチレンフイルム
照射条件 約1000~2000Lx
室温   20~25度

試験結果から、光を照射すると高い抗菌効果が確認できました。また、遮光の場合でも銀イオンの抗菌効果が発揮されている事が確認できます。結果、光を遮られるような箇所においても高い抗菌効果があることが確認できました。

光の有無によるテスト
24時間消臭効果が持続   タバコ臭の測定
期間 平成17年8月
箇所 旧JT工場
目的 タバコ臭対策工事
測定器 新宿コスモス電機(株)製 XP-349 S 使用
タバコ臭の測定

工場に染み付いた臭気の消臭工事において施工前後で約75%軽減する事が出来ました。ニオイセンサーは外気の空気を基準(ニオイ指数/0)にした測定結果です。

シックハウス対策   ホルムアルデヒドの測定

ナノディフェンダーAg+施工前後測定した、揮発生ガスの測定数値です。

ホルムアルデヒドの測定

シックハウス症候群の原因といわれている「ホルムアルデヒド」ですが、国が定める指数は0.08ppm以下です。ところが、それ以下の指数でも小さなお子様・ご年配の方・体の敏感な方はシックハウス症候群になるケースもございます。
ナノディフェンダーAg+は、指数を下げることができますが、必ずシックハウス症候群を解消するものではございません。また、基準値である0.08ppm以下にすることも保証はできません。実際基準時の7倍以上0.6ppmの数値を測定した箇所においては、施工後0.1ppmまでは下がりましたが、基準値以下にはなりませんでした。

Q & A

Q: コロナウィルスにききますか?

A: 現時点で、コロナウィルスでのデータはありませんが、経産省がコロナウィルス対策で、手指消毒試験で使用しているインフルエンザH1N1型では、不活性化しているエビデンスはございます。


Q: どれくらいもつの?

A: 3~5年程度。ただし、理論上は剥がれ落ちない限り、何年も効果は持続します。


Q: 人体に害はないの?

A: ありませんのでご安心ください。


Q: どんな臭いでも落ちてしまうの?

A: いいえ。落ちない臭いもあります。芳香剤などの無機系の匂いは落ちません。


Q: 臭いは消えるの?

A: あくまで接触分解ですので、接触してはじめて効果を発揮します。発生源が残っている場合は消えませんので取り除いてください。


Q: 光がなければ効果は全くないの?

A: 基本的にはそうですが、ナノディフェンダーAg+には銀が含まれているので、銀の抗菌効果により、暗闇でもカビや菌の活動は抑えます。ただし、他の機能は光の量や種類により、その効果は違ったものになってきます。


Q: 光触媒Ag+コーティングでビジネスフォンの色は変わりませんか?

A: 全く変わりません。


Q: 光触媒Ag+コーティングをしたらビジネスフォンの清掃は必要ないですか?

A: 簡易清掃は必要です。水で濡らしたタオルで軽く拭き取るなどの清掃です。コーティングをしてもゴミは分解しません。


Q: 感染症を防止デキますか?

A: 100%防ぐことは難しいです。たとえば、浮遊している菌を不活性化することは難しく、あくまでもコーティング面に接触することで、不活性化にしていきます。また、数秒で不活性化することは難しく、時間単位で不活性化させます。

実用化が遅れた理由

光触媒作用は1960年代から研究されていました。
しかし、身の回りにある物の多くは有機物の塗装・アクリル・壁紙でした。従来の方式だと、酸化チタンを付着させる接着剤(バインダー方式)も有機物でその結果…

光触媒によって分解される>>長時間付着できない つまり、従来の方式では安心して酸化チタンは使えなかった

光触媒によって分解され、長時間付着ができないという課題がありました。そこで、テックメディカルnano株式会社は二層工法で超密な固定付着を実現したTECH MEDICAL COATという溶剤を開発し、更に光があたらなくても効果を発揮する銀イオン配合のナノディフェンダーAg+が生まれました。

コーヨーテックの光触媒ビジネスフォン

コーヨーテックの光触媒Ag+コーティングは長期的にセルフクリーニング効果を発揮します。
これからのwithコロナ時代に沿った新しいビジネスフォンです。

* 光触媒Ag+ビジネスフォン・NTT αNX-2
  販売受付スタート 4/1〜
  限定20台

お申し込みをお待ちしております!

お問い合わせはこちら_専門スタッフが丁寧に対応
ページTOPへ

TOPへ