1. HOME
  2. 施工事例
  3. UPSで停電対策工事!その重要性とは?(京都市左京区)

UPSで停電対策工事!その重要性とは?(京都市左京区)

この記事は「停電対策」について考えておられるお客様にオススメです!

本日は京都市左京区でUPS(無停電電源装置)の設置工事をさせて頂きました。
※トップの画像は左がUPS、右がUPSから給電しているNASです。

UPSとは、停電時に急な電源断により機器が故障する、
または停電が復旧するまで機器が使えない、これを防ぐ機器
になります。

ビジネスホンであれば、主装置はコンセントから給電しています。
停電が起こると給電が止まり電源がダウンします。
主装置は意外とデリケートな機械で正常にシャットダウンが行えないと、
主装置本体、ユニットが故障する事があります。

サーバー・NASであれば、こちらもコンセントから給電しているので、
ハードディスク部分が壊れてしまうことがあります。
ハードディスクが壊れると保存していたデータ・情報が無くなってしまいます。
最悪の場合、データを取り出したり復元できず、完全に消失してしまいます。

こういった脅威を防ぐ機械がUPSです!
機器をUPSからの給電につなぎ変えておくことで、
停電時もある程度の時間、機器に給電し続けることができます。

機器は正常なシャットダウン手順を踏めば故障の危険性は極めて低いです。

集中豪雨や、ゲリラ豪雨、それに伴う落雷、これらは珍しいものでは無くなってきました。
弊社でも毎年数件、お客様より落雷による機器の故障の連絡を受けます。
もちろん火災保険は適用できますが、しばらく使えない不便が続く事も考えられます。

故障・不便を防ぐためにもUPS導入を考えてみてはどうでしょうか。

《工事内容・時間まとめ》
・UPS オムロン BL-50T 1台   所要時間:約10分

工事部 森屋

▸  UPS商品ページを見る

お問い合わせはこちら_専門スタッフが丁寧に対応
フリーダイヤル: 0120-931-095
(タップで通話発信)