1. HOME
  2. BLOG
  3. 【オフィス移転】知っておきたいプチ情報

【オフィス移転】知っておきたいプチ情報

こんにちは、コーヨーテックです!
今回はオフィス移転のご担当さま向けに「知っておきたいプチ情報」をお届けします。

移転先が決まったら、移転先にNTTの引き込みルートがあるか?を確認してください。電話線を外の電柱から屋内(事務所内)へ入線するルートの事です。例えば、テナントで築年数が経過した建物だとルートがない、もしくは、リフォームによりなくなっている場合があります。ルートが用意されているかいないかで、「 スムーズな移転予定が計算外っ 」、なんて事にもなりえるのでお伝えします。

NTTの工事予約

移転先が決まったら、新オフィスでの業務開始に間に合うように電話とネットのNTT工事を予約します。予約が取れたら、NTT側から連絡があり、ルート確認の事前調査に来られます。

もし、その際にルート・穴がなかったら?移転引越し&開業日まであまり日がなかったら?

一体どうなるでしょう。

事前調査で引き込みルートがなかった場合

ルートの確保・穴あけが必要な場合は、専門業者(電気屋など)に頼んで穴をあけてもらう事となります。
穴がなかったからといってNTTが穴を開けたりルートを用意する事はありません。

「 え、じゃあ今から段取り? どこに? 」
「 NTT工事日にもう間に合わない、、 」

間に合わないと、NTT工事の予約は取り直しとなり、開通日がどんどん遅れています。
オフィス移転や開業で、電話やネットが繋がらない状態での事業開始は避けたいところです。

なので!
もしあなたがオフィス移転のご担当さまだとしたら、テナントに移転であれば管理会社に確認しておいて下さい。
「 NTTの引き込みルートはありますか?穴はあいていますか? 」
ルートや穴の場所も把握しておくと良いでしょう。

※エリアによって、NTT側の事前調査が必須か不要かは異なる様です

光回線(ONU)の設置位置について

ビジネスフォン主装置を置く場所の横に、設定してもらうと良いでしょう。ルーターなどをまとめて置くと、配線がしやすいのできれいにまとまります。

まとめ

今のご時世ほとんどの場合ルートはあると思うのですが、NTTの方に急に「ルートはどこですか?」と聞かれると、ご担当さまも困惑すると思います。実はルートがなかった。。となると大変なので、先に把握しておけると安心ですね。

以上、オフィス移転の際に知っておきたいプチ情報でした!

おまかせ下さい! ビジネスフォンの新設・移設・増設・障害工事ならコーヨーテック

お問い合わせはこちら_専門スタッフが丁寧に対応

BLOG

BLOG一覧